豪ドルで比較したFX業者おすすめランキング

FX会社・業者を豪ドルをテーマに、その内容を独断と偏見で点数化して比較し、おすすめランキング形式で紹介しています。

GMOクリック証券

GMOクリック証券です。

豪ドルのスプレッドが狭く、さらにスワップ金利も高い。
それがGMOクリック証券です。
短期売買を行うにしろ、中長期投資を行うにしろ外せない存在です。

  • 豪ドルのスプレッドが狭い
  • スワップも業界最高水準
  • どんな取引手法にも対応できる

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)MT4口座

楽天証券MT4口座です。

楽天証券の魅力はMT4が利用できること。
豪ドルのスプレッドもスワップ金利も1位には劣ります。
ただし、MT4を使って自動売買が行えるという魅力が。

  • 豪ドルのスプレッド&スワップが高レベル
  • MT4を使った自動売買が行える
  • スプレッドやスワップは1位に劣る

SBI FXトレード

SBI FXトレードです。

1位にも負けない豪ドルのスプレッドとスワップ金利。
さらに、業界唯一の4桁レート表示や1通貨単位から取引可能という独自の魅力も。
上位とはまた違う特徴があります。

  • 1位にも負けないスプレッドとスワップ
  • 4桁レート表示&1通貨単位取引
  • 取引量が増えるとスプレッドが広がる

FX業者を豪ドルで比較したランキングのポイント

ここからは、FX業者を豪ドルで比較したおすすめ人気ランキングの順位付けのポイントを解説しています。
分析の仕方やその結果の紹介の仕方について。

何はなくとも豪ドル

FX業者を豪ドルで比較したおすすめ人気ランキングで一番大事なのはそのまんまのテーマ。

つまり、豪ドルというわけですね。
これをテーマとしたおすすめ人気ランキングですが、やはりここが一番重要になります。

まずはスワップ金利の高さですね。
豪ドルの場合、スワップ狙いの中長期投資を行うトレーダーが多いですから。

FXの初心者本などではこの手法を紹介しているものがよくあったものです。
とはいえ、スプレッドも無視できません。

昔と比べるとスプレッドがグッと狭くなったため、短期売買も行いやすくなりましたから。
市場の状況に合わせてスキャルピングやデイトレードを行う人も決して少なくはありません。

それに豪ドルの魅力であるスワップ金利は昔と比べると下がってきましたし・・・。

次に取引環境

次にFX業者を豪ドルで比較したおすすめ人気ランキングでポイントとなるのが取引環境ですね。

具体的には、ツール・情報コンテンツ・約定力・サーバー安定度・サポート体制など。
これらは行う取引手法やトレーダーのレベルによって重要になる項目は異なりますね。

分析を重視するトレーダーならツールと情報コンテンツのレベルの高さは必須。
短期売買重視なら約定力やサーバー安定度も欲しいところ。

そして初心者トレーダーならサポート体制の充実も無視できないところでしょう。