スプレッドで比較した自動売買FX業者ランキング

自動売買が行えるFX会社・業者をスプレッドをテーマに、その内容を独断と偏見で点数化して比較し、おすすめランキング形式で紹介しています。

オアンダジャパン MT4

オアンダジャパンです。

スプレッドの狭さ重視ならやはりMT4系は強い!
オアンダジャパンはその中でも最狭水準のスプレッド。
スプレッド重視なら決して無視できない存在です。

  • 自動売買業界最狭水準のスプレッド
  • 約定力も圧倒的
  • 1000通貨単位の取引OK

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)MT4口座

楽天証券MT4口座です。

楽天証券は1位を以上に狭いスプレッドが魅力。
ただし、手数料がかかる分、取引コストでは若干が劣ります。
とはいえ、取引環境の総合力は高い。

  • NDDモデルなので透明性が高い
  • スプレッドの狭さは1位以上
  • 手数料がかかる分、取引コストで1位に劣る

みんなのシストレ

みんなのシストレです。

みんなのシストレは簡単・高機能な自動売買システム。
簡単系の自動売買システムの中ではトップレベルのスプレッドの狭さ。
また、MT4も利用できるという優秀ぶりです。

  • 簡単系ではトップクラスのスプレッドの狭さ
  • MT4も利用できる
  • スプレッドが上位よりも広い

自動売買系FX業者をスプレッドで比較したランキングの内容

ここからは、自動売買系FX業者をスプレッドで比較したおすすめ人気ランキングの順位付けのポイントを解説しています。
どういった内容でランキングを吟味しているかについて。

スプレッドの狭さ

自動売買系FX業者をスプレッドで比較したおすすめ人気ランキングで一番大事なのはスプレッドの狭さ。

まあ、それをテーマとしたおすすめ人気ランキングですからね。
ここを無視することはできません。

全取扱い通貨ペアのスプレッドを比較。
その狭さでポイントを付け、ランキング順位に反映しています。

次にスプレッドの安定度と手数料など

次に自動売買系FX業者をスプレッドで比較したおすすめ人気ランキングでポイントとなるのが、スプレッドの安定度と手数料など。

いくら最小値が狭くても広がりが大きく、その時間も長いようでは意味がありません。
どれだけ安定して狭い数値を提示できるか。

スプレッドの狭さにおいてその安定度も非常に重要です。
他には手数料などのその他の要素も無視できないポイント。

いくらスプレッドが狭くても、手数料が取られて取引コストが安くないようだと意味がありませんから。
そのため、スプレッドおすすめ人気ランキングとなっていますが、正確には取引コストのおすすめ人気ランキングとなります。