バイナリーオプション取引で勝てないについて

無策で勝てるほど甘くない

簡単に勝てるほど甘くない。

これはバイナリーオプション取引に限った話しではありませんが、無策に挑んでも資産を減らすだけです。

FXや株式投資などでもこの原理は同じですね。

どんな投資であろうと簡単に勝てるほど甘くありません。

バイナリーオプション・FX・株式投資などなど・・・どんな取引を行うにしろ覚悟が必要です。
それは負けて資産を減らす覚悟ですね。

特に初心者のうちは経験も知識も絶対的に足りません。
どんな状態で取引を行っても、最初のうちは資産を減らすのがオチだと思います(ビギナーズラックがある場合もありますが)

その辛い時期を乗り越えて這い上がる覚悟があるかどうか。
まずは自分自身にここがあるかどうか確認しましょう。

損をしたくない対策を立てるか、撤退するか

損をしないために考える。

何度取引してもバイナリーオプションで勝てない。

この場合は何かしらの対策を講じる必要があります。

まずは勝てない原因を探ることからですね。

知識や経験が足りないのか?運がないのか?それとも、性格的にバイナリーオプションに向いてないのか?

初心者のうちは当然ながら知識や経験は足りません。
また、取引を重ねたとしても何も考えずに行っていてはいつまで経ってもこれらは上昇しません。

これらは気持ちを入れて学んではじめて身に付くのです。
まずはここを身に付けないと話しになりませんね。

他にも運も大事。
これはバイナリーオプションなどに限らず、仕事や恋愛などでも必要な要素です。

あとは性格的な相性もありますね。
性格的に相性が悪いと成功する確率も下がります。

ここは素直に撤退し、別の方法を検討しましょう。

丁半博打ではない

たまに丁半博打という人もいるけれど。

ルールがシンプルなバイナリーオプション取引は投資ではない。

もっとひどい意見では丁半博打と変わらないといった乱暴な意見もあります。

投資でないという意見に対しては少し分かる気もします。

なぜなら、投資という捉え方は人によってマチマチで、こういった意見を言う人は長期的な資産運用が行えないものは投資ではないといった考え方です。
それは一理ありますね。

本来の投資という言葉はこういったことを指していたので。
とはいえ、時代は変わり、長期的ではなく短期的に資産を増やす(負けると減らす)方法も生まれました。

これら全てが投資でなく、丁半博打などのギャンブルと同じという意見は乱暴すぎるでしょう。
茶碗の中のサイコロの出目を予想する丁半博打と違い、バイナリーオプションではそれまでの流れから取引時間の動きを予想するというものですから。

運任せの博打と違い、投資には先を読む要素が提示されていて、そこから予想していくものですから。
また、選択肢も丁と半だけでなく、バイナリーオプションにはルールが違う複数の種類があります。

相場を読む予想力とこれらを使い分ける臨機応変さが高さければそれだけ勝率が上がるの必然です。