バイナリーオプション業者の比較と選び方について

取引ツールとバイナリーオプションの種類で比較

ツールは非常に大事。

これはバイナリーオプションに限った話しではありませんが、投資において大事なのは取引ツールやシステム。

どの投資でも取引コストを気にする人は多いですが、それ以上に大事なのがツール&システムです。

というのも、ツールやシステムの方がより勝負に直結することが多いから。

バイナリーオプションに限らず、投資は適当に行ってもまぐれで勝てることはあっても安定して勝つことはできません。
より勝率を高めるためには予測の精度を上げないといけないのです。

そして、予測のために大事なのが分析、そして分析のために大事なのが情報
それらをサポートするのが取引ツール&システムなのです。

また、バイナリーオプションの種類も大事ですね。
バイナリーオプションではラダー・ワンタッチ・レンジの3種類がありますが、ほとんどの業者がラダーのみですから。

これらはルールが全く異なり、市場によって使い分けることができればより戦略性が高まります。
もちろん、メジャーなラダーだけ極めるという方法もありますが、より幅がある取引をしたいなら3つ共に精通した方が有利です。

コストで比較

コストは安いに越したことはない。

もちろん、誰もが気になるコストも大事ですね。

コストは安ければ安いほど有利であるのは間違いありませんから。

バイナリーオプションのコストといえば、価格とスプレッドの二つ

この二つを比較して安いところがコストが有利な業者です。
とはいえ、取引ツール・システムのところでも解説しましたが、ここを比較ポイントの1番にもってきて選んではいけません。

あくまで一番は取引ツール&システム(種類もこだわるなら)、次にコストです。
コストだけ安くても勝つための取引環境が整っていない業者は選ぶ価値がありませんから。

国内業者か海外業者の違いは大きい

バイナリーオプションでは国内か海外かの業者の違いは大きい。

バイナリーオプションに限らず、投資にはだいたい国内業者の他に海外業者が存在します。

ちなみに本社が海外でも日本国内に支店を持つ業者はここでは国内とします。

色々とある投資の中でも、バイナリーオプションでは特に国内か海外かの違いは重要。

というのも、国内のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションではルールが大きく違うから。
国内のバイナリーオプションには規制が入ったこともあり、その差が他の投資に比べて大きい傾向にあります。

一見、海外業者の方が自由度が高く魅力的に映りますが、その分リスクが高いので注意が必要。
場合によってはとんでもない大ケガをする危険性もあります。

それもあって、僕はバイナリーオプションでは海外業者を利用するのはおすすめしません。