セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』の特徴

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』のデメリット

  • ミラートレーダー業者としては後発組
  • 全体的にレベルが高いがNo.2のものが多い
  • スマホ対応がイマイチ

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』のデメリットをまとめると以上の通り。
まず気になるのはミラートレーダー業者としては後発組というところ。

後発組は後出しで色々とサービスを展開できる一方、どうしても実績や経験が劣ってしまうので。
しかも、後出しの割にはこれならダントツでセントラルミラートレーダーが一番!というものがないのですよね・・・。

スプレッドは業界トップクラスに狭いですが、一番狭いというレベルではないですね。
とはいえ、スプレッドに関してはチェックする時間帯で状況も変わるため、平均して見るとですね。

他にはセントラルミラートレーダーは専用サポート情報サイトやツールが優秀ですが、これらに関しては業界No.1のインヴァスト証券『シストレ24』には見劣りします。

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』のメリット

  • ミラートレーダー業界屈指の低スプレッド
  • 専用サポート情報サイト『シストレ広場』
  • MTP機能などのサポートツールも用意

セントラル短資FX『セントラルミラートレーダー』のメリットをまとめると以上の通り。
デメリットではNo.2レベルが多いと書きましたが、これはメリットにもなる要素です。

3本の指に入れば業界トップクラスですからね。
特に同じミラートレーダーというシステムを使うならスプレッドは狭い方が良い。

スプレッドに関しては業界No.1のインヴァスト証券を上回りますから。
また、サポート情報サイトやツールも優秀。

特にサポートツールは用意しているところがかなり少ないですから。

ミラートレーダーなどの自動売買におすすめのFX業者

ミラートレーダーNo.1:インヴァスト証券『シストレ24』

上ではセントラルミラートレーダーを紹介しましたが、やはりミラートレーダーではインヴァスト証券のシストレ24ですね。
なんと言ってもサポート情報サイトとツールが優秀ですから。
こういった取引環境がミラートレーダーには非常に重要です。

MT4No.1:オアンダジャパン

ミラートレーダーと対となるMT4(メタトレーダー)ならオアンダジャパン。
なんと言ってもMT4ではスプレッドと約定力が非常に重要ですから。
そして、その二つが優秀なのがココなのです。

独自型No.1:みんなのシストレ

独自型自動売買システムの中では非常に総合力が高い。
自動売買システムの完成度はもちろん、スプレッドなどの取引環境も。
さらにMT4まで利用できる万能ぶりです。