国内バイナリーオプション(BO)とは?について

国内バイナリーオプション(BO)とは?

国内バイナリーオプション(BO)とは?について解説。

バイナリーオプション(BO)とは、一定時間後(判定時間)に設定された条件をクリアしているどうか予想する金融商品のこと。

一番有名なのが、判定時間のレートが目標レートよりも上か下か予想するもの。

解説だけ見ると簡単そうに見えますが、実は思った以上に難しいので注意が必要です。

現時点のレートよりも上がるか下がるか予想するだけでなく、目標レートよりも上か下かを予想しないといけない。
さらに、バイナリーオプションの種類によっては、このルールも変わってくるから難しい。

決して二者択一の簡単な金融商品と勘違いしないようにしましょう。
ちなみに国内のバイナリーオプションは規制が入り、新ルールへと移行しました。

そのため、海外のバイナリーオプションと区別するために、ただのバイナリーオプションではなく、国内バイナリーオプションと呼ばれることもあります。

国内バイナリーオプションの種類は?

海外バイナリーオプションとの違いについて。

国内バイナリーオプションの種類は今のところ3つ。

判定時間のレートが目標レートよりも上か下か予想するラダー、2つの目標レート内に収まるか収まらないかを予想するレンジ、判定時間までにレートが一度でも目標レートに到達(タッチ)するかを予想するタッチ

種類によって難易度もペイアウト倍率(予想が当たった時にもらえる金額の割合)も変わってきます。

また、業者によって行えるバイナリーオプションの種類も違います。
一番メジャーなラダーはどこでも行えますが、3つ全ての種類が行えるのは今のところFXトレード・フィナンシャルの『バイトレ』のみ。

種類はもちろん、業者選びも大事になってきます。

海外バイナリーオプション(BO)との違いは?

リスクがあることを覚えておく。

ちなみに、国内バイナリーオプション(BO)と海外バイナリーオプション(BO)はどういった違いがあるのか?

色々と違いはありますが、大きな違いは海外業者には日本の規制が入っていない点とリスクが大きいところ

海外業者には日本のルールは通用しません。

悪質な業者に騙されたとしても、海外ではどうにもできずに泣き寝入りするケースも多い。
たしかに海外業者ならではのメリットもありますが、こういったリスクを考えると利用しないのが賢明です。

ちなみに本社が海外にあっても、日本に支社や拠点がある業者はこの海外業者には含まれません。