最低通貨単位で比較したFX業者おすすめランキング

FX会社・業者を最低通貨単位をテーマに、その内容を独断と偏見で点数化して比較し、おすすめランキング形式で紹介しています。

SBI FXトレード

SBI FXトレードです。

最低通貨単位は1通貨から。
さらに業界唯一の4桁レート表示のスプレッドが狭い。
スキャルピングやデイトレードといった短期売買を行うのなら外せない。

  • 最低通貨単位は1通貨~
  • 4桁レート表示の業界最狭水準スプレッド
  • 意外とスワップポイントも高い

オアンダジャパン fxTrade

オアンダジャパンです。

こちらも最低通貨単位は1通貨から。
高い約定力と豊富な取扱い通貨ペアが魅力。
また、別口座ですがMT4も利用できます(こちらは1000通貨から)

  • 最低通貨単位は1通貨~
  • 高い約定力
  • この中では1番スプレッドが広い

マネーパートナーズ 100nano

マネーパートナーズFX 100nanoです。

こちらは最低通貨単位が100通貨から。
2位よりもスプレッドが狭く、さらに安定度も非常に高い。
安定度重視なら1位よりも有利です。

  • 最低通貨単位は100通貨~
  • 低スプレッド&安定度も非常に高い
  • 1回の最大発注数量が10万通貨まで

FX業者を最低通貨単位で比較したランキングのポイント

ここからは、FX業者を最低通貨単位で比較したおすすめ人気ランキングの順位付けのポイントを解説しています。
あまり難しく考えず、あくまで参考程度に考えて頂けると幸いです。

まずは取引できる最低通貨単位

FX業者を最低通貨単位で比較したおすすめ人気ランキングで一番大事なのは、やはりまずは取引できる最低通貨単位から。
ここをテーマとしたおすすめ人気ランキングですからね。

一番にここを重視しないといけません。
とはいえ、1000通貨以下で取引できるFX業者は非常に少ない

そのため、1000通貨以下で取引できるというだけで評価が高まります。
かなり貴重な存在ですからね。

次にその他の取引環境

次にFX業者を最低通貨単位で比較したおすすめ人気ランキングでポイントとなるのがその他の取引環境。

具体的にはスプレッド・スワップ・取引ツール・サービス・サポート・情報コンテンツなどですね。
いくら最低通貨単位が優秀でもその他がイマイチだとFXでは勝てませんし。

投資において一番大事なのは稼ぐことですから。
とはいえ、1000通貨以下で取引できるFX業者はどこもその他の項目も高レベルなのですよね。

なので、このおすすめ比較ランキングではやはりまずは最低通貨単位を重視しています。
ここを一番に比較したおすすめ人気ランキングという点がブレないように。