FXデイトレードの資金について

資金は最低限で10万円は欲しい

10万円は用意しておきたいところ。

FXでデイトレードを行うのなら、最低限10万円は用意しておきたいところ。

FXとデイトレの特性を考えるのなら、これがギリギリのラインですね。

現時点でこれ以下しか資金がないのなら、焦らずにまずは貯めていきましょう!

ここを我慢できず、無理やり取引を開始してしまうようなら、ハッキリ言ってあなたは投資には向いていません。
自分の感情をコントロール出来ない人が投資で結果を残すことは出来ませんから。

無理やり始めたとしても損失を膨らせるだけ。
どうしてもFXをしたいのなら、まずは感情コントロールから鍛えていきましょう。

最初のうちは多額の資金を投入しない

最初のうちは多額の資金を投入しない。

また、たとえ資金が余裕があったとしても、それらを全てFXにつぎ込むのはやめておきましょう。

デイトレードは短い時間で取引を繰り返す手法。

そのため、連敗すると一気に資金が減ってしまうこともあるからです。

しっかりと資金コントロールや感情コントロールが出来ればいいのですが、負けた時ほどそれが難しくなります。

なので、デイトレード初心者のうちは投入する資金は10万円程度に抑えておいた方が良いでしょう。
最低量で取引すれば、10万円でもそこそこトレードは行えます。

1000通貨単位で取引できる業者も多いですし、なかには100通貨単位で取引できるところもありますから。

本格取引を行う時は資金は多ければ多いほど有利

  • 気持ちに余裕が出来る
  • 損切りも行いやすい
  • 戦術の幅が広がる

本格的にデイトレードを行うのなら、ある程度慣れてきてから。
その時は資金は多ければ多いほど有利です。

というのも、資金が多いほど気持ちに余裕が生まれやすいから。
ギリギリの資金でトレードしていると、一度負けると大ダメージですからね。

1回の取引時にかかるプレッシャーが違います。
デイトレに限らず、FXで大事になってくるのが損切りですが、損切りを行う時もやはり資金が多い方が有利。

こちらもギリギリだとなかなか踏み切れませんからね・・・。
また、資金が多ければ、同時に複数のポジションが取れるなど、戦術の幅が広がるのもメリットです。

ただし、資金が多いからと油断してトレードを行ったり、一気に儲けようとするのは厳禁
そんなことをやっていては資金がいくらあっても足りません。

デイトレードにおすすめのFX業者・会社

総合力No.1:ヒロセ通商

ヒロセ通商は総合力が非常に高いFX業者。
スプレッド・約定力・取引ツール・情報力のどれもが優秀ですから。
特にデイトレなどの短期売買を行う際にその力を発揮します。

少額取引No.1:マネーパートナーズ『100nano』

デイトレード初心者のうちはまずは少額で取引を行いたいところ。
そんな時はマネーパートナーズ『100nano』がおすすめ。
100通貨単位で取引が行える数少ない業者です。

MT4自動売買No.1:オアンダジャパン

MT4を使った自動売買でデイトレを行いたいのならオアンダジャパン。
裁量と違い、機械的に取引を行うので感情が入らないのがメリットですね。
また、約定力も高いので裁量用口座としても優秀です。