DMM CFDの特徴一覧

DMM CFDです。

独自の分析評価に加え、口コミや評判などから特徴をまとめています。

  • 銘柄を厳選し、サービスを充実させている
  • 人気銘柄に絞っているので初心者にも分かりやすい
  • それらのスプレッドも業界最狭水準
  • 特徴や用途が違う複数のツールを用意
  • 様々な手数料が0円

グラフで総合評価

投資だけでなく様々な分野で有名なDMMのCFD口座。

最大の特徴は銘柄を厳選し、そこにサービスを集中させているところ

それにより、スプレッドを筆頭に高レベルなサービスを提供することに成功しました。

また、人気銘柄のみに絞られているのでCFD初心者が入りやすいという利点も。

DMM CFDを独断と偏見で評価

DMM CFD公式サイトです。

ここからは僕の独断と偏見で、DMM CFDを徹底評価していきます。

DMMは投資の世界では特に世界2位の実績もあるFXが有名な存在ですね。

とはいえ、今のところCFDではそこまでの存在感を放っていません。

イマイチなポイント

一番イマイチに感じる評価ポイントは、取扱い銘柄数が非常に少ないという点。

いくら銘柄を厳選しているとはいえ、これは少ないかなと感じます。
CFD業界でもトップクラスの銘柄数の少なさですから。

こういった主要な銘柄以外を取引したい上級者には物足りないでしょう。
また、自慢の狭いスプレッドもトップクラスであることは間違いないのですが、No.1ではないという点がざんねん。

同じ銘柄でもGMOクリック証券の方が少し狭いことの方が多いですから。
FXでも争っているGMMOクリック証券ですが、CFDでも熱い戦いを繰り広げています。

良いと思えるポイント

一番良いと思える評価ポイントは、銘柄を集中することで取引環境を整えているという点。

まず銘柄を絞ることで分かりやすく明確となっています。
CFDは銘柄数が非常に多く、初めて取引を行うとどうしていいか分からないトレーダーも多いですから。

人気銘柄に絞ることでそういった迷いを払拭。
そのため、CFD初心者が最初に口座開設を行う業者として適しています。

他にも取引ツールもシンプルで使いやすい仕様となっています。
性能はそこそこですが、操作性が良くこちらも初心者に最適です。

また、銘柄を絞ることでスプレッドなどのサービスの充実を図っています。
No.1ではないとはいえ、スプレッドの狭さはトップクラスですから。

まとめると、おすすめでない人は銘柄数がもっと欲しい上級者トレーダー。
おすすめな人はこれからCFDをはじめる初心者トレーダーとなります。