FXブロードネット365の特徴一覧

FXブロードネット365シストレです。

独自の分析評価に加え、口コミや評判などから特徴をまとめています。

  • 自動売買が行えるシストレ365コース
  • システム利用料は利益が出た時のみ
  • 自動売買の設定も簡単に行える
  • くりっく365特有の取引手数料は0円
  • 裁量用のスタンダードコースもある

グラフで総合評価

FXブロードネット365はFXブロードネットのくりっく365口座。

裁量取引用のスタンダードコース以外に業界初の自動売買が行えるシストレコースがあり。

くりっく365で自動売買が行えるというのは非常に魅力的。

さらに、取引手数料も0円ですが、利益が出るとシステム利用料を取られるのがネックですね。

FXブロードネット365を独断と偏見で徹底評価

FXブロードネット365です。

ここからは僕の独断と偏見で、FXブロードネットのくりっく365で自動売買が行える『FXブロードネット365』を徹底評価していきます。

ここを利用するのならやはりシストレコースでしょう。

スタンダードコースも悪くはありませんが、裁量ならGMOクリック証券の方が優秀ですから。

イマイチなポイント

一番イマイチに感じる評価ポイントは、自動売買の利用料と取引環境が完全には整っていないという点。

利益が出た場合のみとはいえ、システム利用料が取られるのは痛いですね。
しかも、その利用料が20%というのはさすがに取り過ぎでしょう・・。

せっかく取引手数料は0円なのに、システム利用料の影響でその魅力が霞んでしまっています。
また、自動売買の取引環境が完全に整っていない点もざんねん。

まずスマホ対応していませんからね。
裁量取引のスタンダードコースならくりっく365が提供しているデフォルトのスマホアプリも使えますが、シストレコースではそうもいきません。

さらに、PCでもWindowsのみでMacには対応していません。
ここら辺は徹底して欲しいところです。

良いと思えるポイント

一番良いと思える評価ポイントは、くりっく365では珍しく自動売買が行えるという点。

くりっく365では初の自動売買が行えるようになった会社ですからね。
現在は他にも登場しましたが、数は少なく貴重な存在であることは変わりません。

その肝心の自動売買システムの性能や使いやすさも高レベル。
店頭FXで提供されているMT4やミラートレーダーと比較するとさすがに見劣りしますが、決してレベルが低いということはありませんから。

また、自動売買を活かすためのシミュレーションツールも高機能。
ここを利用するのなら、まずはシストレコースです。

まとめると、おすすめでないトレーダーは自動売買に興味がない・スマホやMacで取引がしたい人。
おすすめなトレーダーはWindowsで自動売買を行いたい人となります。