GMOクリック証券のCFDの特徴一覧

GMOクリック証券のスタートアップガイドです。

独自の分析評価に加え、口コミや評判などから特徴をまとめています。

  • CFD取引環境の総合力が高い
  • 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  • 全ての銘柄の取引手数料が無料
  • 独自の高機能取引ツールが使える
  • スマホアプリも優秀

グラフで総合評価

FXなどの投資でも評判が高いGMOクリック証券のCFD口座。

CFDでもFXなどの投資と同じく、業界トップクラスの取引環境を提供。

特にコストと取引ツールの優秀さはGMOクリック証券のお家芸とも言えるぐらいどの投資でもトップレベル。

初心者~上級者まで、どんなトレーダーも満足できる取引環境です。

GMOクリック証券のCFDを独断と偏見で評価

GMOクリック証券CFDです。

ここからは僕の独断と偏見で、GMOクリック証券のCFDを徹底評価していきます。

どの金融商品でも最高レベルの取引環境を用意してくれるGMOクリック証券。

CFDでも一度は試してみる価値ありです。

イマイチなポイント

一番イマイチに感じる評価ポイントは、取扱い銘柄が海外系業者と比べると少ないという点。

まあ、これはどこの国内業者にも共通することですが。
IG証券やサクソバンクFX証券などの海外系業者の取扱い銘柄数はどちらも1000を軽く超えるレベル。

それに対して、国内業者の取扱い銘柄数は1/10にも及びませんからね。
むしろ、国内業者の中ではGMOクリック証券の取扱い銘柄数が一歩抜けているレベルです。

とはいえ、いくら取扱う銘柄数が多くても、それをうまく使えなければ意味がありません。
多過ぎると分析も十分に行えませんし、CFD初心者などは特にここは気にする必要はないかなと。

良いと思えるポイント

一番良いと思える評価ポイントは、特にツールとコストが非常に優秀という点。

GMOクリック証券のCFD口座は総合力が高い。
銘柄数も海外業者と比較すると少ないですが、全体で見ると多い方ですからね。

その中でも特に優秀なのがツールとコストです。
FXでも評判の高機能で操作性・スピード感抜群の取引ツールはCFDでも健在。

PCだけでなく、スマホアプリのレベルも高いのは心強い限り。
そして、スプレッドの狭さもFXと同様、業界トップクラスの狭さ。

ここは主要銘柄のスプレッドを比較すれば一目瞭然です。
また、取扱い業者が少なく、さらに取扱っていてもスプレッドとは別に手数料が株式CFDを、手数料無料で取引出来るという点も大きい。

まとめると、おすすめでないトレーダーは銘柄数の多さが気になる人。
おすすめなトレーダーはそれ以外の全ての人となります。