FX長期運用のチャート分析について

長期保有(スワップトレード)でも分析は忘れずに

分析しないのは絶対NG。

FXで長期投資(スワップトレード)を行う時に、たまにチャート分析などは一切行わないという人がいます。

貯金感覚でとにかくコツコツ貯めて、トレード自体は放置という方式ですね。

分析もしないようなやり方では高い確率で損をすると断言します

というのも、FXの為替レートの変動は思った以上に激しいからです。
レバレッジを高めにしている、または資金が十分でない時に激しい変動が起こればすぐに強制ロスカットされてしまいます。

また、たとえ強制ロスカットされずに長年保有し続けたとしても、スワップポイントを上回る為替差損があれば当然損です。
例えば、高金利通貨として有名な豪ドルですが、1980年時は250円程度の為替レートでした。

それが2015年1月時点では95円程度なので、マイナス155円ということになります。
この為替差損をスワップポイントでカバーするのは現実的ではありません。

こうならないためにも、分析&チェックは定期的に行い、暴騰・暴落時は決済を行いうまく立ち回っていくのが効果的な長期運用です。

チャート分析の基本は週足と日足

チャート分析の基本について。

では、FX長期運用(スワップトレード)時のチャート分析はどう行えばいいのか?

まず基本となるのが週足。

週足で基本となるトレンドを読んでいきましょう

さらにそれに加えて日足も使います。

徐々にレートが上昇したり下降したりする場合はいいですが、FXでは急な暴騰や暴落が起こることもあります。
そういった急な動きに対応するためには、週足よりももっと狭い時間軸の日足の方が都合がいいのです。

こういった動きに対応するためにも、定期的な分析やチェックが必要。
ただ、日足よりも狭いチャートは長期投資には必要ありません。

ファンダメンタルズ分析も忘れずに

チャート分析だけでなくファンダメンタルズ分析も行いましょう。

FX長期保有(スワップトレード)を行うのなら、チャート分析だけでなくファンダメンタルズ分析も忘れずに行うようにしましょう。

ファンダメンタルズ分析に慣れてくれば、チャート分析よりも大きな視点で予想できるようになります。

チャート分析に比べると難しいためか、ファンダメンタルズ分析を行っている人は少ないのですよね・・・。

しかし、だからこそここをマスターすれば他のトレーダーと差をつけることができます。
早い時期で暴騰や暴落を予想することも決して不可能ではありません。

もちろん、あくまで予想なので当たり外れはありますが、危ないと感じたら一旦決済して様子を見るというのも一つの手です。

長期運用&分析におすすめのFX会社

分析力No.1:外為オンライン

分析力や情報力なら外為オンラインが一番。
特に情報コンテンツは質・量共にトップクラスです。
ただし、スワップポイントは低くはないですが、特別高いわけでもありません。

スワップNo.1:ライブスター証券

スワップポイントで選ぶならライブスター証券。
全通貨ペアのスワップポイントが業界最高水準です。
ただし、分析&情報力は特別高いわけではありません。

両方優秀:ヒロセ通商

分析力とスワップポイントの総合で選ぶならヒロセ通商。
優秀なチャートと圧倒的な情報力が魅力です。
また、スワップポイントも豪ドルやNZドルならライブスター証券に負けていません。