スプレッドで選ぶFX業者おすすめ比較ランキング

FX会社・業者をスプレッドをテーマに独断と偏見で点数化して比較し、その結果をおすすめランキング形式で紹介しています。

GMOクリック証券

スプレッドが優秀なGMOクリック証券です。

低スプレッドならGMOクリック証券は外せない。
どの通貨ペアもトップクラスの狭さを誇っています。
もちろん、ツールなども短期売買に強い仕様です。

  • 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  • どの通貨ペアも総じて狭い
  • 取引ツールも短期売買仕様

マネーパートナーズ『100nano』

マネーパートナーズFX nanoです。

10万通貨までの制限付きならこちらも負けていない。
スプレッド配信率100%と少額派ならこちらがおすすめ。
さらに100通貨単位・100円から取引可能です。

  • 1位にも負けないスプレッドの狭さ
  • スプレッド配信率100%
  • 1回の取引量10万通貨までの制限付き

ヒロセ通商

ヒロセ通商の公式サイトです。

ヒロセ通商も狭いスプレッドをウリにしているFX業者。
狭さでは1位に及びませんが、ヒロセ通商はさらに約定力も高い。
そして、毎月バージョンアップする取引ツールも魅力です。

  • 低スプレッド&高い約定力
  • 毎月バージョンアップする取引ツール
  • スプレッドの最小値は1位に及ばない

スプレッドで選ぶFX業者おすすめ比較ランキングのポイント

ここからは、スプレッドでおすすめのFX会社・業者を比較人気ランキングの順位付けのポイントを解説しています。
独断と偏見による内容に迫ります。

まずはスプレッド

スプレッドでおすすめのFX会社・業者を比較人気ランキングで一番大事なのは、なにはなくてもスプレッドの狭さですね。

テーマがそこですからここは絶対に外せません。
スプレッドの最小値・配信率・安定度の3つを総合的に判断しています。

最小値が狭いだけで安心してはいけません。
なかには配信率や安定度が低いところもありますから。

この3つが優秀ではじめてスプレッドが狭いと言えるのです。

次にツールと約定力

次にスプレッドでおすすめのFX会社・業者を比較人気ランキングでポイントとなるのが、ツールと約定力です。

いくらスプレッドが狭くても約定しないと意味がありません
ここはセットで大事ですね。

最近ひどい業者は減ったとはいえ。
また、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買を行うなら取引ツールも大事。

操作性も大事ですが機能性もやはり欠かせませんね。
この二つが揃ってこそ本当に優秀な取引ツールと言えるでしょう。