スワップ金利で選ぶFX業者おすすめ比較ランキング

FX会社・業者をスワップポイントをテーマに、独断と偏見で点数化して比較し、その結果をおすすめランキング形式で紹介しています。

マネックスFX プレミアム

マネックス証券です。

こちらも高金利通貨を中心にスワップが高い。
その高さは1位に迫るほどの勢い。
なのに、なぜかあまりアピールをしていない不思議な業者です。

  • スワップポイントNo.1
  • 高金利通貨を中心にスワップが高い
  • 分析用の投資情報が充実

ライブスター証券

ライブスター証券です。

業界No.1水準のスワップ金利が魅力。
高金利通貨はもちろん、その他の通貨も総じてスワップが高い。
長期投資を行うなら死角なし!

  • 全通貨のスワップが高い
  • 自動売買注文システムもある
  • マネックスと比べると若干落ちる

SBI FXトレード

SBI FXトレードです。

業界最狭水準のスプレッドが有名な業者ですが、何気にスワップも高い。
狭いスプレッドと合わせて最大限にスワップ利益を狙えます。
しかし、こちらもなぜかあまりアピールをしていません。

  • 上位に負けない高スワップ
  • スプレッドも狭い
  • こちらもスワップはアピールしていない

スワップ金利で選ぶFX業者おすすめ比較ランキングのポイント

ここからは、スワップ金利でおすすめのFX会社・業者を比較人気ランキングの順位付けのポイントを解説しています。
ストレートな題材なだけに、そこまで気にしている人は少ないかもしれませんね。

まずは機能性と操作性

スワップ金利でおすすめのFX会社・業者を比較人気ランキングで一番大事なのは、ストレートにスワップ金利の高さ。

このおすすめランキングはこの点に尽きますね。
そういうテーマですから。

長期投資はもちろん、中期投資を行う上でもスワップ金利は大事な要素
時にはスプレッド以上に効果を発揮することもありますから。

まずはこのスワップ金利の高さを純粋に比較していますから。
全通貨を比較していますが、キーとなるのはやはり高金利通貨になります。

次にスプレッドや情報など

次にスワップ金利でおすすめのFX会社・業者を比較人気ランキングでポイントとなるのが、スプレッドや投資情報などのその他の要素。

スプレッドは単純に狭い方がコストが安く、入ってくるスワップ金利の利益が増え、損失は減らすことができます。
とはいえ、スワップ狙いの中長期投資において、スプレッドはそこまで重要ではないと思いますが。

狭い方が良いといったぐらいでしょう。
分析に利用する投資情報は重要ですが、ここは取引する口座と情報を集める口座を分けることもできます。