FXスイングトレードの通貨ペアについて

スイングトレード向け通貨ペアの条件

  • 動く時はトレンドがハッキリ出るもの
  • 流動性が高いメジャー通貨
  • 自分が分析・予想しやすい通貨

FXスイングトレードにおすすめの通貨ペアの条件は以上の通り。
まず大事なのはトレンドがハッキリ出るかどうか。

大きな利益を狙うスイングトレードでは、動いてもちょっとだけ、またトレンドがすぐに終わってしまう通貨ペアではなかなか目標の利益まで到達してくれません。

レンジ相場になってほとんど動きがなくなるようだと、結局無理やり決済するか、そのまま気長に待つしかありません。
予想が外れてたまにこういった状態になるのは仕方ありませんが、いつもトレンドがハッキリしないようだとジリ貧状態に陥ってしまいます

なので、動き時はトレンドがハッキリと出る通貨ペアという点はスイングトレードにとっては非常に大事。
そしてそれは流動性が高いメジャー通貨であることも大事です。

流動性が低いとそもそもあまり動きませんし、マイナー通貨だと大きく動くことはあっても、安定してトレンドを形成することが少ない。
そのため、流動性が高いメジャー通貨というわけです。

さらに、自分にとって予想や分析がしやすい通貨ペアという点も大事。
人によって通貨ペアの得手不得手は確実あります。

ここが意外と大事だったりするのですよね。

初心者におすすめの通貨ペア:ドル/円・ユーロ/円

初心者におすすめの通貨ペアについて。

FXスイングトレード初心者のうちは、まずはドル/円かユーロ/円の通貨ペアから取り組んでみましょう。

スイングトレードに限らず、この2つの通貨ペアは全てのFX手法の基本となるもの。

自分がどの通貨ペアが得意か分からないうちは、基本から試していくのが一番です。

もちろん、ドル/円・ユーロ/円は、どちらも流動性が高いメジャー通貨ですし、トレンドの傾向もハッキリと出やすくなっています。
ただし、トレンドに関しては時期によって多少の変化があるもの。

たとえ初心者であっても、あなたがトレードを行う時期にトレンドがイマイチはっきりしていない場合は、スイングトレード自体を回避するのがベターです。

中級者以上におすすめの通貨ペア:豪ドル/円・ポンド/円

中級者以上におすうすめの通貨ペアについて。

スイングトレードにも慣れてきて、中級者以上になってきたらドル/円・ユーロ/円以外も試していきたいところ。

ドル/円・ユーロ/円の次におすすめなのが、豪ドル/円・ポンド/円です。

どちらもメジャー性ではドル/円・ユーロ/円に劣りますが、流動性では二つを大きく上回ることも少なくありません。

特にポンド/円は流動性が激しい通貨ペアとして有名で、デイトレードで人気を集めています。
また、豪ドル/円はスワップの高さから長期売買で人気を集めている通貨ペアでもあります。

もちろん、この2つに関しても時期によってはトレンドがハッキリしないことがあるため、その時はその通貨ペアでのスイングトレードではやめておきましょう。