FXスイングトレードの損切りについて

スイングトレードでもしっかりと損切りは行う

スイングトレードでも損切りはちゃんと行う。

FXスイングトレードでもスキャルピングやデイトレと同じく、損切りはしっかりと行うようにしましょう。

たまにスイングトレードには損切りは必要ないと言う人がいます。

損切りしなければ損が確定することはなく、その上スワップも貰えるからといった意見がありました。

しかし、それは非常に危険なこと!
なぜなら、自分で損切りしなくても資金が足りなくなれば強制ロスカットされてしまいます

その時の損失といったらもう・・・。
僕も何度か経験あるのですが、利益どころか元々の資金すら一気に吹き飛んでしまいます。

自分で損切りしなくても強制ロスカットされない保障はどこにもありませんし、強制ロスカットが発生したらそれは致命的な損失となります。
そうならないためにも、取引を行う度にあらかじめ損切り注文を入れておくのは基本。

予想を外した現実から目を背けず、しっかりと向き合いリスクを自分でコントロールすることが大事なのです。

トレンドに乘って稼ぐスイングトレードだからこそ

負けは潔く認める。

そもそものFXスイングトレードのスタンスとして、トレンドに乘って大きく稼ぐのがオーソドックスなスタイルです。

市場の間隙を縫って小さな利益をコツコツ稼ぐスキャルピングやスワップ利益を狙い預金感覚で行うスワップトレードとは違います。

大きなトレンドを読んで勝負スイングトレードだからこそ、予想を外した時は潔く負けを認めてサッサと損切りを行い損失を最小限に食い止めましょう。

せっかく予想が当たって大きく稼いだとしても、負ける時も大きく負けたのでは意味がありません
逆に勝つ時は大きく、負ける時は小さくしておけば少々勝率が低くてもトータル的には利益が残ります。

損切りをしたくないのであれば、スイングトレードを行わずに最初からスワップトレードを行えば良いのですから。

損切り幅は戦略と性格に合わせる

損切り幅は自分なりに調整する。

では、スイングトレード時の損切り幅はどうするべきか?

スキャルやデイトレの時よりも幅を大きくする。

スキャルやデイトレの時と同じく幅は狭めに。

どちらも一長一短があります。

損切り幅を大きく取ればちょっとした予想とは逆の動きでも決済されることはありませんが、負けた時の損失は多めになります。
逆に損切り幅を狭くしていれば損失は小さくなる反面、ちょっとした予想との逆の動きで決済されてしまいます。

この辺りはあなたのトレードスタイルに合わせて調整していきましょう!
あとは自分の性格も考慮に入れる。

この性格というものが曲者で、性格に合わないことを行うとドンドンとストレスが溜まりますから。