カブドットコム証券 シストレFXのメリット&デメリット

カブドットコム証券『シストレFX』のデメリット

  • 自動売買システムの機能が中途半端
  • MT4よりも機能性が落ちる
  • ミラートレーダーよりも簡単さが落ちる
  • 取引できる通貨ペアが少ない

カブドットコム証券『シストレFX』のデメリットをまとめると以上の通り。
一番のデメリット評価は自動売買システムが中途半端な点ですね。

口コミや評判が少ないので分かりづらいですが、機能性はMT4よりも落ちます。
オリジナルストラテジー(自動売買ルール)が手軽に作れるとはいえ、最初からストラテジーが用意されているミラートレーダーと比べると簡単さが落ちます。

つまり、非常に分かりやすく言うと、MT4とミラートレーダーの中間的な独自型自動売買システムですね。
そのそこそこの機能性と簡単さがちょっと中途半端かなと。

もう少し飛び抜けた部分があるといいのですが・・・。
また、何気に取引できる通貨ペアが少ない点も痛いですね。

カブドットコム証券『シストレFX』のメリット

  • オリジナルストラテジーが簡単に作れる
  • 簡単系自動売買業者の中ではスプレッドが狭い
  • インターバンク直結のNDDモデル
  • そのため、安定したレート配信と約定力
  • 裁量取引やスマホ取引も行える

カブドットコム証券『シストレFX』のメリットは以上の通り。
まずはオリジナルのストラテジー(自動売買ルール)が簡単に作れるという点が目につきますね。

機能性が落ちるとはいえ、MT4でオリジナルのEA(自動売買ルール)を作るのは非常に難しいですから。
プログラミングの技術を習得しないといけません。

また、最初からストラテジーが用意されているミラートレーダーよりも自由度が高い
あとは簡単系自動売買業者はスプレッドが広いところが多い中、カブドットコム証券のシストレFXはスプレッドが狭い。

さらにインターバンク直結のNDDモデルのため、レート配信や約定力が安定している点も大きいですね。
そして、裁量取引やスマホ取引も行える。

MT4や通常口座では普通のことですが、簡単系業者はこの二つが行えないところも意外と多いですから。

各ソフト別の自動売買におすすめのFX業者

総合No.1:みんなのシストレ

自動売買システムを総合力で選ぶのならみんなのシストレ。
簡単・高機能なシステムに加え、スプレッドなどの取引環境も優秀ですから。
さらに定番のMT4も利用できる。

MT4No.1:オアンダジャパン

MT4をメインで利用したいならオアンダジャパン。
低スプレッド・約定力・サポートなどの取引環境のレベルが高いので。
自動売買系業者ではコスト面がトップクラス。

ミラートレーダーNo.1:インヴァスト証券『シストレ24』

ミラートレーダー系業者ならインヴァスト証券『シストレ24』。
ミラートレーダーではストラテジー選びが重要ですが、そのためのサポートサイトやツールがトップクラス。
ミラートレーダー系の中では頭一つ抜けた存在です。