トルコリラで比較したFX業者おすすめランキング

FX会社・業者をトルコリラをテーマに、その内容を独断と偏見で点数化して比較し、おすすめランキング形式で紹介しています。

ヒロセ通商

ヒロセ通商です。

ヒロセ通商はトルコリラのスプレッドが狭く、さらにスワップ金利も高い。
さらに約定力も高いため、スキャルやデイトレなどの短期売買を行うのにも最適。
トルコリラの総合力では頭一つ抜けた存在です。

  • トルコリラのスプレッドが狭い
  • スワップも業界最高水準
  • 約定力も高いので短期売買にも最適

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)

楽天証券スタンダード口座です。

トルコリラのスプレッドの狭さなら1位以上。
ただし、取引手数料がかかるため、総合の取引コストでは劣ります。
また、スタンダード口座以外にもMT4口座もあります。

  • MT4も利用することができる
  • トルコリラのスプレッドの狭さは1位以上
  • ただし手数料がかかる分、取引コストでは1位に劣る

オアンダジャパン

オアンダジャパンです。

オアンダジャパンでも通常口座以外にもMT4口座がある。
MT4を使いトルコリラで自動売買も行えます。
さらに圧倒的な約定力も魅力です。

  • 圧倒的な約定力
  • MT4も利用できる
  • スプレッド&スワップ共に上位に劣る

FX業者をトルコリラで比較したランキングのポイント

ここからは、FX業者をトルコリラで比較したおすすめ人気ランキングの順位付けのポイントを解説しています。
テーマに沿って様々な角度から分析しています。

メインはトルコリラのスプレッドとスワップ金利

FX業者をトルコリラで比較したおすすめ人気ランキングで一番大事なのは、トルコリラの総合力について。

ここがテーマとなっているおすすめ人気ランキングですからね。
トルコリラの総合力とは具体的にはスプレッドとスワップ金利の二つ

スプレッドは特にスキャルピングやデイトレードといった短期売買を行う時に重要となってきます。
ここが狭ければ狭いほど取引コストが安くなり有利になりますから。

逆にスワップ金利はスイングトレードやスワップトレードといった中長期投資を行う際に重要になります。
中長期投資ではスプレッドの狭さ以上にこのスワップ金利の高さの方が影響してきます。

そしてツールや取引環境も重要

次にFX業者をトルコリラで比較したおすすめ人気ランキングでポイントとなるのが、ツールと取引環境。

いくらトルコリラ関連の項目が優秀でもその他のツールや取引環境がイマイチでは困ります。
特に大事なのは取引ツールや情報コンテンツですね。

この二つを使って分析を行うわけですから。
また、短期売買をメインで行うのなら約定力も大切。

約定力が低いと思ったようにトレードが行えないことも多々ありますから。