メモリ重視でFX自動売買VPSを選ぶ場合について

理想的なメモリの容量

これくらいのメモリ容量は欲しい。

MT4(メタトレーダー)を使ったFX自動売買にはどれぐらいのメモリ容量があればいいか?

これは稼働するMT4の数にもよりますが、あまり多く稼働しないのなら1GBで十分。

MT4を10個以上は稼働したいなど、数が多くなるならメモリ容量は2GBは欲しいところですね。

メモリ容量が1GBでMT4を10個も稼働させると安定度は期待できません。
ちなみにMT4をあまり稼働しなくても、メモリ容量は1GBよりも2GBの方が安定度が増しますね。

月額料金よりも安定度重視なら迷わず2GBを選択しましょう。

安定度はメモリ容量だけではない

安定度はメモリ容量だけでは決まらない。

ちなみに安定度はメモリだけでは決定しません。

それ以外の要素も複雑に絡んでくるので注意しましょう。

その中で特に注意がしたいのがサーバー回線速度ですね。

どんなにメモリが優秀でも回線速度が悪いと安定度は落ちます。

なので、安定度を求めるのならメモリなどのスペックとサーバーの回線速度をチェックしましょう!

メモリや安定度重視派におすすめなVPS会社

おすすめVPSについて。

各VPS会社をメモリなどのスペックとサーバー回線速度で比較。

その中でも最も優秀だったのがSPPD VPS仮想Windowsデスクトップサービス

NTTPCコミュニケーションズの高速回線に直接接続することで高い安定度を確保sている点が魅力ですね。

同じメモリ容量なら回線速度が優秀な分、ここが一番理想的かなと思います。
ただし、総合力で選ぶならお名前.com デスクトップクラウド for FX。

こちらも安定度は高水準で、さらに操作性が抜群に高いですから。
特にVPSに慣れていない頃は操作性や設定のしやすさは大事です。

FX自動売買&VPSの総合おすすめ会社

VPS No.1:お名前.com デスクトップクラウド for FX

VPSの安定度・月額・操作性の総合力で選ぶならここが一番。
VPSをFX自動売買用に簡略化し、操作性を抜群に高くしていますから。
さらに月額や安定度も高水準で総合的に優秀です。

MT4系No.1:オアンダジャパン

MT4が利用できるFX業者の中ではスプレッドの狭さが圧倒的な存在。
さらに約定力も高いので外せない存在です。

総合自動売買No.1:みんなのシストレ

みんなのシストレでもMT4が使え、さらにスプレッドなどの取引環境も優秀な部類。
それだけでなく、他にも簡単系自動売買システムが使えるのが大きな魅力。
というより、メインはMT4よりもこちらですね。